お気楽フィレンツェ暮らし

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧




学校で納会もどき

昨日12月21日で語学学校が最終日だったので(あ、前の学校ね)
生徒達で小さいパーティーを催しました
今行っている学校は、たぶん全部で80人位(もっとかも)は生徒がいるので
みんなでやろう!なんてことは無理だけど
前の学校はとっても小さくてアットホームだったので
最終日にみんな自分の国の料理を作ってきてパーティしましょうということになり
「じゃあ私も」ということでいかにも生徒です、っていう顔して参加してきました

今は欧米人が少ない時期なので
スペイン人1人、イギリス人1人と韓国人3人、日本人4人というアジアンな
構成ですが・・・
生徒達がイタリア語でミニ劇をやった後、学校の中のバールにて
持ち寄った食べ物と、パンドーロとスプマンテで乾杯!
先生や事務の人も集まってみんなでとっても楽しいパーティでした

c0120157_19233998.jpg

ちなみにメニューは
鶏のから揚げ・肉じゃが・焼きそば・ちらし寿司(私の担当)
韓国風はるさめ・キムチなしキムチご飯(キムチご飯を作りたかったけどキムチがなかったの~、と本人が説明していた。名前は不明?)・スペイン風オムレツ・クリスマスケーキ

なんか、会社で毎年最終出社日に、毎年大掃除後に納会をやってたの思い出し
一昨年、会社でビール飲んで真っ赤になって
ロマンスカーに乗って帰る上司に特急券代払ってもらったなぁ…

c0120157_19252440.jpg

12月21日のフィレンツェ 
最近ちょっと用があってポンテベッキオ方面に良く行くんですがやっぱりキレイ!
ということで観光客気分で写真とって見ました

では、26日から海外逃亡(すでに海外逃亡中ですが)しますので
年内の更新は本日が最後で~す!

Buon Natale & Buon Anno よいお年を
[PR]



by nakaji-yo | 2007-12-22 19:26 | 日々のこと

美食の街パルマに完敗

先週の土曜日、寒波にも負けずパルマにいってきました
フィレンツェからは、ボローニャ経由で早ければ電車で2時間程度。
パルマといえば、フィレンツェより北に位置するので
途中車窓からは雪が降っている街もあり、寒そうで早くワイン飲んで温まりたい・・・
と思いつつ、お昼前にパルマに到着

北はいいなぁ~
街がきれいだしさ、変な外人(路上でお金ちょうだいするような・・・)もフィレンツェより全然すくないしさ、男の子も心なしかカッコいい
私の統計によると(笑)フィレンツェは結構、背も小さくて顔も微妙に濃いちんちくりんが多いのだが、北に近づくとゲルマンの血が濃くなるらしく背も高くなり顔も
いかにも西洋人の顔になってくるのだ
オランダ人はとにかく背がでかいし、ドイツ人は目が超ブルーな人が多かったりするし。

イタリア語もトスカーナ弁とは違っていて「R」の発音がフランス語のように抜けるのが特徴らしい。イタリア語なのにフランス語みたいだなんて、おしゃれじゃな~い。
ちなみに、フィレンツェは「C」がいえないので、「コカコーラ」が「ホハホーラ」になってしまうというのは有名な話。生粋のフィオレンティーナは本当に言えない。まじで。

さて、まずパルマについて観光ひとつしたあと、当然おいしいお昼ご飯を求めさまよう
途中日本語が超堪能なイタリア人の新聞記者の人に出会ったので
彼女にお薦めを聞いてそこへ

お店
TRATTORIA CORRIERI
Via Conservatorio1,Parma TEL:0521.234426
www.trattoriacorrieri.it

食べたのはコレ↓

c0120157_023859.jpg

サラミ盛り合わせ
緒にお皿にのっている揚げパンみたいのはパルマの名物なんだって。
揚げたてで超おいしかった!

c0120157_03373.jpg

カペレッティ(帽子の形で、中に詰め物がしてあるパスタ)のクリーム和え
これは、クリスマスに食べるものらしい。テレビのワイドショーみたいので
やったらカペレッティが紹介されてるし、各地の値段を比較したりして。

c0120157_032684.jpg

パルミジャーノのリゾット
パルミジャーノが敷き詰めてある~。感動。
しかし、このあたりで既に胃袋が悲鳴を上げ始める。

c0120157_035144.jpg

仔牛のお肉に詰め物をしたもの
お肉が柔らかくて超うまい~。が、もう無理で泣く泣く残した。
タッパーにいれてもって帰りたかった(泣)

このトラットリア、周りのテーブルを見廻す限りドルチェも旨そうだったから
食べ始める前は挑戦する気満々だたのに…無念。
ワインも少し残したし。リベンジしたい。


c0120157_041787.jpg

こちらDuomoと隣の洗礼堂
Duomoの前だっていうのに、この人のいないこと。
フィレンツェの観光客わけてあげたい。
[PR]



by nakaji-yo | 2007-12-20 00:04 | イタリアで旅行

イタリアのクリスマスは・・・

ここ数日イタリアは寒波がきているみたいで、北イタリアはもちろん南も(たぶん主にアドリア海側)超さむくてニュースで雪の様子が報じられています。フィレンツェでも雪がちらついたようです。ああ~、さむいよぉ~。家に引きこもってたいけど、家もさむいからどうしようもない!!

え~、前回ついに滞在許可証の申請に~という喜びのコメントを書いたハズ
が、やはりここはイタリア、思い通りかつ予定通りにことが進まないのであります。
システムがダウンしてるとかで、1月にもういっかい来て!ってさ。
学校休んで朝からいって1時間以上まったのに~。
後から分かったけどどうやら12月に入ってからシステムが不調みたいでしばらく受け付けてない様子。
ああ~、1月にいったらもう一回「まだだめだから、2月にもう一回きて」とか
いわれそー。しかも1か月分の書類がまたたまっちゃって、システム復旧してもなかなか発行されなくて・・・とかいう、いつものイタリアのパターンに陥るのは明らか。ふぅ。

ま、そんなイタリアに住む外国人の苦労をよそに、イタリアは今やクリスマス一色。
やっぱりこっちの人にとってクリスマスは重要なんだって。
私の同居人たちも週末にはみんな里帰り~。ふふふふ。つかの間の一人暮らし。
11月のはじめくらいから街はクリスマスムード。12月にはいるとクリスマス一色。
週末はクリスマスプレゼントを買う人々でお店はどこもいっぱい。
イタリア人のクリスマスは、基本的にファミリーと過ごすものなので
25日と26日には親戚中が集まって大いなるクリスマスパーティが開かれるらしい。
で、みんなでプレゼント渡しあいっこするから(家族以外の友だちとか身近な人にも)
多い人では、100個位買うことあるんだってさ。
おかげで、道をたらたら~っと歩くイタリア人が倍増(怒)まったくなんであんなにタラタラ歩くのかね。

学校で日本のクリスマスを説明した時の事、日本はこっちみたいにクリスマスツリーが大きくないからクリスマスプレゼントをクリスマスツリーの下におくのは難しいって言ったら「そうね、日本はBONSAI(盆栽)だものね~」というわけの分からない納得のしかたをされたけど、めんどくさかったので訂正もしなかった。
ああ、日本を間違って伝えてしまった~。

フィレンツェは中心部の大通りや商店街などはイルミネーションがあったり
広場にクリスマスツリーが建ったりしてて、結構キレイ。通りによってイルミネーションの飾り付けが違うのでそれまた楽しい。
1月から始まるSALDIを前に少しだけ値下げしてる店もあるよ!
c0120157_021275.jpg

c0120157_0222313.jpg



イタリアでクリスマスといえば、パンドーロというお菓子を食べることになっているらしい。スーパーに山のように積み上げられているので、買わなきゃいけないような気がしてきちゃうし、クラシックタイプからチョコ入り、クリーム入りなどなどタイプもいろいろあるから迷っちゃう~
そしてまた太っていく・・・

c0120157_0195417.jpg
c0120157_0205423.jpg


[PR]



by nakaji-yo | 2007-12-18 00:23 | 日々のこと

いよいよ!警察へ出頭

あした、ついに待望のQuesturaへ行ってまいります。
イタリアに3ヶ月を超えて滞在するためには、PermessoSoggiornoという
身分証明書のようなものが必要だということは、以前も書いたけど
(前の記事はこちら→

5月末にイタリアにきて、ようやく明日警察へ手続きへ行くことができます!!
やったーーーーーー!!パチパチ。
とはいえ、まだ「1回目」。
今回は、指紋を取ったりもう一度書類を提出したりするだけ。
前に一度提出した書類をどうしてもういっかい提出せなあかんねん!という
つっこっみはイタリアでは通用しない。

既にペルメッソを入手した幸せな友だちによると
約2ヵ月後にもういちど書類を取りにいき、その後10日程したら
さらにもう一度警察にいき、そこで晴れて受け取れるらしい。
Natale(クリスマス)が入るから、ちょっと遅れるとして・・・・
受け取るのは、3月か4月。
って、6月には帰るんですけど~~~!!

とはいえ、もらえるだけ幸せと思わなければなりません。
書類を提出したのに、何の音沙汰もない人や
「○月×日に警察に着てね」というお手紙をもらったものの
もう既に帰ってしまった後、という人続出。
いる間に受け取れる(きっと)だけ幸せってものです。

イタリアにいると、日本ではありえないことが頻発するので
当たり前のことに感謝してしまったりする。
思いのほかスムーズにことが運ぶと、不気味にさえ思ってしまったり。
異文化体験ってやつね。

c0120157_21511334.jpg

学校の教室からの景色
今はDuomoの後ろ側が修復中。こんなに近いのでDuomoの鐘が聞こえてきます。
12時の鐘が聞こえると、いきなり空腹を感じるわたし。
窓にたたずむのは、クラスメイトのNiels(デンマーク人)くん・1児のパパです。
[PR]



by nakaji-yo | 2007-12-12 21:57 | 日々のこと

イタリア人とSUSHI FESTAの巻き

日本料理といえば、やっぱり「SUSHI」だよね~
ということで、学校や家で日本の話しになるとみんな「SUSHI」っていうほど
国際的なお料理の様子。味噌汁は思ったほど有名ではないみたい。
アズキはイタリア人には「豆が甘いなんてぇ~、信じられない」と不評。
ただ、羊羹を食べたことのある人には、「あれが豆だなんて信じられないくらいおいしいのよ」と好評。ちなみに、緑茶はお砂糖を入れて飲むものらしいから。ははは。

我が家の同居人が「寿司を作ってみたい!作り方を知ってるの?すご~い」ということでFESTA Di SUSHI(おすしパーティー)を我が家で開催する運びに。

メニューは
じゃがいものお味噌汁
お寿司(マグロ・サーモン・ツナの巻物・納豆巻き)
和風サラダ
鶏のから揚げ

私と日本人の友だち1名と我が家の同居人2人に加え友達が集まり総勢8名!
8人となると量もかなりのものになるので、我が家の2人とそのお兄ちゃんに手伝ってもらってにぎにぎ。

なかなか器用に握ってくれてるんだけど、どんどんシャリが大きくなるから
たまに「Più piccolo(もっと小さく)」と、注意する必要あり

イタリア人にお寿司を握らせてる一方でこちらは鶏肉と格闘!
なぜなら、イタリアのスーパーには、切って揚げるだけの鶏のモモ肉ってものが存在しないのです。骨つきのモモ肉をどさっと買ってきて、まずは骨をはずしてさばくところからスタート。
日本ではほとんど料理もしない私だったけど、素手で鶏肉解体したら、あんまり怖いものないわって感じ!ウサギちゃんはさばけませんけど・・・

9時開始というお約束だったらしいけど徐々に集まってきて開始は10時近かったか・・・
さすがイタリア人。ま、こっちも鶏の解体に時間がかかってたからちょうど良かったわ。

c0120157_21354565.jpg

いただきま~すということで、お寿司とお味噌汁を並べて食べ始めたら
面白いのがなんと、みんなお味噌汁を先に平らげそのあとお寿司に移動してます!
やっぱりスープはプリモで、魚はセコンドなのか~、と食習慣の違いを改めて実感した瞬間。というのも、こちらでは食事は普通、
前菜・プリモ(スープやパスタ、リゾット)・セコンド(お肉料理・お魚料理)+コントルノ(付け合せの野菜、ジャガイモのロースト、ほうれん草のソテーなど)の順番で食べるのが当たり前なので、スープとパスタという組み合わせはありえない。
ということで、彼らはプリモのミソスープを食べた後スシに移動したのでした。
ふっしぎ~。

お寿司はなかな好評。納豆もおしょうゆすっごいつけてたけど食べれるみたいでした。
日本でのイタリア語の先生(イタリア人)は、ゴルゴンゾーラみたいでおいしい。納豆パスタもおいしいよ。といっていた・・・

おまけ
この日、私は産まれて初めてカタツムリを食べたのさー
味見してみなよ~と言われて恐る恐る食べた!味は貝みたい。が、が、が
食べる瞬間にカタツムリくんと目があってしまったので、1つしか食べれず。
もう食べることもないでしょう。っていうか、カタツムリ見るたびに思い出しちゃいそうだよ!
c0120157_213586.jpg


ひとしきり食べ終わった後は、ワインをのみながら夜通ししゃべるしゃべる・・・
とうとう我慢できなくなってしまい、日本人は私の部屋で寝ちゃったけど
3時近くまでしゃべってたみたい。いったいなにしゃべってるんだよー!
っていうか、元気だなーイタリア人。

c0120157_21361640.jpg

[PR]



by nakaji-yo | 2007-12-11 21:36 | 日々のこと

食べ物づくし

食べ物!

さて、更新が滞っている日々ですが、ここで先日のイタリア旅行の時の食べ物を一挙公開!
意外に写真が少ないのが残念、かつフィレンツェの写真がほとんどないことに驚き。
やっぱりわが町だから観光客気分にならなかったのかしら。

c0120157_21274496.jpg

ローマで食べた野菜のフリット
あまりのでかさに、言葉を失う。このまえに、Antipast・Primoを平らげていたところへの登場!さすがの私も完食はむり。

c0120157_2128961.jpg

ローマの野菜・プンタレッレ。フィレンツェではたぶんお目にかかることはなく
しかもローマでも季節限定らしいので、レストランで見つけて思わずオーダー。
イワシの肝かなんかのソースがかかってて、歯ごたえと独特の香りがする野菜。

c0120157_21284467.jpg

ベネチアでたべた“焼き魚”魚のフリットが食べたくて、魚のフリットを食べられる店を探したっつーのに、「今日はフリットの機械が壊れてるからフリットは全部できない!」とな!?まあ、このお魚もおいしかったので許してあげましょう。

c0120157_2129350.jpg

ベネチアで食べた前菜のホタテのグラタン風。
後ろの席の日本人(たぶん新婚旅行)が、「海の幸のリゾット」って思いっきり日本語でオーダーしてたので失笑・・。いくらメニューが日本語で書いてあるからって、いかにもイタリア人のお店のオッサンは明らかに日本語ができそうにないでしょ!そして運ばれてきていたのは魚介のパスタ。途中でオーダーを変えたのか、間違えて運ばれてきたのかは不明。ま、NOと言えない日本人ですからね・・・

それにしても、ベネチアはやっぱり何もかもが高いなぁ~。まあ、ディズニーランドだからしょうがないか、と思うものの、紅茶1杯持ち帰りで3.5Eには驚愕。
3.5Eって、ケバブ食べれちゃうじゃん!

ああ、おなかすいてきた
ただいま、お昼の1時半
家帰って、やまもりパスタでもつくろうかな 。
[PR]



by nakaji-yo | 2007-12-10 21:30 | イタリアでおいしいもの

憧れの彼にとうとうご対面!!

フィレンツェで道を歩いていたら背中に「大和魂」って書いた
作業着を着たイタリア人が歩いていた。外人にとって漢字はアートなんだそうな。

タイトルをみて、ついにイタリア人の彼氏ができたか?とだまされた方、残念。(そうありたいのはやまやまですが・・・)
アッシジといえば、「アシジの聖フランチェスコ」じゃん!
確か中学か高校のときに、学校のおばあちゃん校長先生が
「アッシジに行ってきました。とてもすばらしかったです」と
大層嬉しそうにかつ神々しい様子で、朝礼にて語っていたのを思い出したのだ。
それならば、聖フランチェスコ様にぜひお目にかからねば!!

そして、イタリアに観光できた友だちもこぞって絶賛するこの街を
まだ訪れていなかったとは~~~。不覚。
それに、最近食べ物めぐりばっかりしていてイタリアの町観光をさぼっていたので再開しました。

私がアッシジに行った日は、イタリアでも連休の日。
なので、イタリア人も喜んで訪れるアッシジはイタリア人でいっぱいというわけさ。
アッシジはフィレンツェから電車で2時間、駅からバスに乗らなきゃならないんだけど
このバスが曲者だった。
日本みたいに、連休だからバスを増発しましょう、なんて気の利いたことをイタリア人が
するわけもなく
おまけに、“満員電車のプロ”ジャポネーゼのワタクシたちと違って、奴ら慣れてないから
奥に詰めるとか、押し込んで乗るっていうワザを知らないのさ。
おかげで、バスの中は余裕ありありなのに、運転手がいきなりドア閉めちゃって1本バスを逃してしまった・・・無念。
そして30分後にきた次のバスに乗りましたが、中級レベルの混みなのに「超混んでる~」って騒いでるイタリア人たちよ。少しは黙りたまえ。

まあ、そんなこんなで無事にアッシジの町の門までたどり着き・・・
最初に目にしたのは・・・悪そうな坊さん。

c0120157_21142310.jpg

悪そう~。なまぐさ坊主って感じ。でもサングラスはヨーロッパでは必須アイテムなのだ。
お洒落っていうか、目を守るために普通にしている。

街の中はすっかり観光化してしまっていて、ひっそりという雰囲気はまったくなかったものの、街の中に教会関係の人が多いのと、教会の中で本当に一生懸命お祈りしている人が他の観光地より多いかも

c0120157_21144998.jpg

聖フランチェスコをしのばせる銅像なのか・・・夜中に見たら怖いだろうなぁ
もちろん隣で同じポーズで撮影済み(←バカ)

アッシジよかったのだが、残念なことがひとつ。
おいしいジェラート屋を発見できなかったこと。う~む。手作りのジェラート屋が稀少な上に、そのなかでも厳選してここならいけそう・・・とふんだ店がイマイチだった。

c0120157_2115732.jpg

そういえば、思いのほか日本人観光客がすくなかったわね~
ブームが去ったのか。
[PR]



by nakaji-yo | 2007-12-07 21:15 | イタリアで旅行

イタリア・フィレンツェでの留学お気楽暮らしを、イタリア各地の旅行記や日々の生活まで、幅広くお届けします。食べ物の写真満載でお届け予定!
by nakaji-yo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お友だちのブログ・HP

★カナダに留学中★
Canadaラブログ
★素敵なアクセサリー★
Cibitan

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧