お気楽フィレンツェ暮らし

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧




Duomoの落書き

今日ニュースでやってましたね~
フィレンツェのDuomoのクーポラの壁に日本人の短大生が
落書きをして、謝罪したというニュース

ニュースで、ものすご~い、大騒ぎしているので一体どんなところに落書きをしたのか!?
と思ってしまったのですがDuomoのクーポラに一度でも昇ったことの在る方なら
お分かりかと思いますけど、残念ながら落書きだらけの場所なので
個人的には「あ~ぁ」というところです。
日本人だけではなく、色んな国の言語でかかれてますよ。
数えたわけじゃあないですけど、日本語率はそんなに高くないのでは・・・?と思います。
もちろん、落書きしてよいということではありません。当然です。

で、私が今回のニュースで驚いたのは
いくら未成年&短大の研修旅行だったとはいえ
学校があそこまで前面にでなくてもいいんじゃん?!ということ
だって、学校の教育とか監督不行き届きとかっていうレベルじゃないでしょ
常識で、世界遺産(普通の壁もだけど)に落書きしちゃいけませんって
誰だってわかるでしょ?過保護すぎませんかね~??
なんとなく、日本に帰ってきてからニュースをみていて
「日本ってなんでも、どこかへの責任問題にしてません?」
と思うことしばしば。
それはニュースの論調がそうなのか、たまたまそういう事件とかが多く起こってるからか
なんか、大げさよね。
学校じゃ、常識は教えられないし自己責任ってことだしょ。

イタリア側の回答、「謝罪で十分。きてくれなくても良い」って
なんか、イタリアっぽい。

ニュースでフィレンツェの空撮が映っているのをみて大興奮。
(旧)我が家がうつらないかな~!と思ったけど、ちょっとハズレの我が家は
かすりもせず・・・

c0120157_1363013.jpg

↑私のデジカメの中の最新Duomoです。5月の初めごろでしょうか。
最近Duomoの正面のファサードが美しくなったと思うのは私だけ・・・?気のせいでしょうか。
裏側は相変わらず排気ガスなどなどで汚れちゃってますけど。。。

とまあ、今日はちょっと辛口でした。(普段に比べれば甘口という説も)
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-26 01:39 | 日々のこと

イタリアのラジオをきいてみる

未だもって、無職暇人であることは昨日書いたのですが
まあ、その理由(言い訳)としましては、イタリアの荷物の整理がまだできてないのです!!
先週の土曜日にやっと最後の荷物が無事に届き
日ごろの己の行いのよさに感謝しつつ、荷物を明けて
イタリアで買って来た本やDVDの収納場所がないことに
途方にくれています020.gif

そんな昼下がり、イタリアのラジオを聴きながら作業中です
昼下がりでもないか、もう夕方。
イタリアではラジオは持っていなかったのでもっぱらテレビ派だったんですが
実はラジオ聞きたいなぁ~と思ってたんだよね
今はネットでラジオが聴けるから良い時代ですなぁ

聴いてるのは↓これ
Radio Kiss Kiss Italia
バチカンのラジオとか興味ないし~、ということで局の名前がかわいいじゃん!
とおもって、それだけで選んでみました。
ナポリの放送局らしいけど、今のところイタリア語の曲も聞こえるし
DJのお調子者なかんじもなかなか良いです
さすがにラジオ今のところNapoliのDialetto(方言)はきこえてまいりません!よかった。
Gomorraという映画を観た時は、イタリア語しゃべってるのにイタリア語で字幕が出るほどの
方言満載で、タダでさえ私にとっては難しい映画だったのに、超大変でした。

当たり前のことだけど、イタリア語が聞けるのがうれしい。
Pubblicita'(広告・CM)でさえもうれしい。

これは、去年の6月16日に撮影した写真
c0120157_1754641.jpg

アルノ川でカヌーの練習をしてる少年達をぼーっとながめてるとなかなかリラックスなんですが
思わぬ日焼けをしてしまいます。ご注意!!
あと、カヌー程川面に近づくとくさいのでは・・・・?というひそかな疑問。
アルノ川のニオイかいだことある人、どんな香り(?!)か教えてください。
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-17 17:58 | 日本でitalian

1日1ジェラート生活 ~ジェラート屋の選び方~

既に日本に帰ってきて、リハビリ生活中(=無職でだらだらしてるとも言う)なワタクシ
ですが、イタリアで訪れたところや食べたものなどまだまだ載せていないものもヤマほど066.gif
あるわけなので、追々そんなものを載せていこうかと・・・

まずは、季節柄ジェラートから!!
まず、シーズンは4月、早くて3月後半より開始です。
何がかって?1日1ジェラートのシーズンです。
終りは、10月頃まで。サマータイムの開始と同時に1日1ジェラートを始めるわけだ。

フィレンツェでは、Centro(DuomoやUffizi美術館の周辺)では、超高いのでご注意!!
ちょっとはずれると1.5ユーロで一番小さいカップが食べられて、しかも盛りが多いです。
Centroでは、2ユーロからで10秒で食べ終わってしまいそうな小さいカップででてきます。
そして、自家製じゃない、工場生産品の、やたら甘くてクリーミーじゃなくて
着色料ばっかり入ったジェラート屋さんもあるのでご注意ください。

”artigianale”とか"Produzione propria"とどこかに書いてある店を選ぶ!
工場の大量生産品ではなく、手作りのもの、ということを示しています。
もちろん、イタリア人が沢山いる!所を選ぶのも重要ポイントです。
Centroではなかなか難しいけど、子供づれのファミリーがいたり
おじいさんとおばあさんがジェラートなめながら、おしゃべりしているところは
地元客率高し!です。

そんな、キビシイ審査を通ったジェラート屋があれば
中に入って、ガラスケースを見てみましょう。
中身が全く見えない、蓋付きのケースに入ってるのが管理上一番いいらしいです。
有名店GROMもこのタイプ。
でも、そんな店はそんなに沢山はなく、大抵のお店はずら~っと並んでいます。
注目してほしいのは、「Pistacchio」(ピスタチオ)の色。
個人的には、くすんだ鶯色のような、うすぐら~い緑色のものがウマイ証拠。
やたら鮮やかな緑は着色料が入っている可能性大!!
ま、個人的に味が一番大好き、ということもありますけど。
これを食べるとそのジェラート屋がおいしいか否か分かる、などという話しも聞いたことがあります。(真偽の程は確かではありませんけど)

あ、色といえば、Menta(ミント)は、どこの店も大抵毒々しい緑です。
もともと、日本でも「チョコミント」の類は好きではないのですが
イタリア人が結構好んで食べているこのMentaがどうにも理解できない。
一度も食べたことはありません。もしかしたら結構イケルのでしょうか。

そして、旅行ではなかなか難しいとは思いますが
ピンとくるジェラート屋を探す努力を怠らない!よさそうな店を見つけたら
「あとで・・・」とか言わず、すぐ試す。一期一会です。
こうしてジェラート屋は足でさがすのです。
って、そんなにジェラートに執念燃やさないよね、普通の人は。

ということで、そんな私がみつけた美味しいジェラート屋さんを少しずつ載せていくつもりですが
ひとつ、気づいたことが・・・
ジェラートを前にすると興奮気味になるためか、写真がほとんどありません!
ご了承くださいませ~


c0120157_22392569.jpg

これは、私が一番好きなジェラート屋さんのもの
撮った時が超暑い日だったので、既に溶け始めてますが・・・
どこのお店かは、そのうち(笑)紹介します
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-16 22:40 | gelato ジェラート

携帯から初投稿

c0120157_12362059.jpg

日本にいなきゃできないこと…
携帯から初投稿してみます
イタリアからかえってきてようやく一週間たちました
まだ周りの人がほぼ全員日本人だということに慣れず、ついつい大声で辛口コメントをしてしまいます。

これは家の近所で食べたジェラート

ピスタチオとアランチャロッソです♪
ピスタチオはイタリアではきなこ味だったんだけど、ここのはちょっと不思議に味
380円が妥当な値段なのかイマイチわからん
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-11 12:36

日本に帰ってきました~

ということで、またまたまたまたしばらく更新していませんでしたが
それは、帰国前で忙しかったから。ということです。

6月2日の共和国記念日にフィレンツェを出発し、3日の午後には成田に。
とうとう帰ってきてしまいました。
1年は長いようで短い、っていうか、超短かったです。

途中中だるみのような、なんともいえず飽きた時期もありましたが
最後のほうは、季節も良くなったのでいろいろなところに行ったり
もう帰ると思って焦ってみたりとばたばたでございました。

イタリアで旅行した中で載せていないことも沢山あるので
日本に帰ってしばらくはぷー太郎のことだし
忘れないうちにボチボチ載せていこうかと。
ま、あくまで気が向くままに・・・ですけど。

↓帰りの乗り継ぎのフランクフルトで食べたソーセージ!
もちろんビールものみました。
c0120157_23342776.jpg


空港の中にいただけだけど、そこはかとなく漂うドイツの
キチッと感に、感動してしまいました。
イタリアではどこでも感じられなかったもの。かんどう~
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-06 23:35 | イタリアで旅行

イタリア・フィレンツェでの留学お気楽暮らしを、イタリア各地の旅行記や日々の生活まで、幅広くお届けします。食べ物の写真満載でお届け予定!
by nakaji-yo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お友だちのブログ・HP

★カナダに留学中★
Canadaラブログ
★素敵なアクセサリー★
Cibitan

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧