お気楽フィレンツェ暮らし

タグ:フィレンツェ ( 11 ) タグの人気記事




本当にEATALYにいってきました その2

さて、前回に続きEATALYネタです。
更新が、マメではないからひっぱります(汗)


この日は既に他で食事を済ませていたので
ジェラートのみいただきました。
なんと、2味で¥500!!しかもちっちゃ~いカップに
ふんわり(笑)と盛り付け。

c0120157_2114746.jpg


さて、食べたお味は・・・
[PR]



by nakaji-yo | 2008-10-14 21:05 | 日本でitalian

味覚の秋

最近、あまりにも更新をさぼっているので
無理をせずに、写真をドンと載せるくらいでもよしとしよう!と
勝手に自分の中で決めてみました

日本でも秋は、美味しいものが沢山でますね~
イタリアもおなじこと・・・
ワイン、オリーブオイル、ポルチーニ茸などなど(ヨダレ)

c0120157_236642.jpg


これは、去年の9月の初旬
まだまだ暑い季節に撮ったとある八百屋さんの店先です

でっか~いキノコちゃんがおります
下の段の真ん中あたりの、ぶつぶつのマンゴみたいなのなんでしょうか?!
サボテンの実です!
って、得意げに書いたけど
イタリアで初めてしったの私だけだったりして?!
食べたこと無いし。

ああ、今ごろイタリアではSagraといって収穫祭のようなもの真っ盛りなはず
道端のポスターを見ては、スケジュールをチェックし、ネットでアクセスを
調べていたあの頃を思い出します。。。
大抵は、小さな街の広場とかでやるんだよねー
いきにくいっつうの(笑)

秋の味覚ではないけれど、最近暴飲暴食が続いています
ダイエットは明日から~♪(いつから?!)
[PR]



by nakaji-yo | 2008-09-23 23:19 | イタリアでおいしいもの

Duomoの落書き

今日ニュースでやってましたね~
フィレンツェのDuomoのクーポラの壁に日本人の短大生が
落書きをして、謝罪したというニュース

ニュースで、ものすご~い、大騒ぎしているので一体どんなところに落書きをしたのか!?
と思ってしまったのですがDuomoのクーポラに一度でも昇ったことの在る方なら
お分かりかと思いますけど、残念ながら落書きだらけの場所なので
個人的には「あ~ぁ」というところです。
日本人だけではなく、色んな国の言語でかかれてますよ。
数えたわけじゃあないですけど、日本語率はそんなに高くないのでは・・・?と思います。
もちろん、落書きしてよいということではありません。当然です。

で、私が今回のニュースで驚いたのは
いくら未成年&短大の研修旅行だったとはいえ
学校があそこまで前面にでなくてもいいんじゃん?!ということ
だって、学校の教育とか監督不行き届きとかっていうレベルじゃないでしょ
常識で、世界遺産(普通の壁もだけど)に落書きしちゃいけませんって
誰だってわかるでしょ?過保護すぎませんかね~??
なんとなく、日本に帰ってきてからニュースをみていて
「日本ってなんでも、どこかへの責任問題にしてません?」
と思うことしばしば。
それはニュースの論調がそうなのか、たまたまそういう事件とかが多く起こってるからか
なんか、大げさよね。
学校じゃ、常識は教えられないし自己責任ってことだしょ。

イタリア側の回答、「謝罪で十分。きてくれなくても良い」って
なんか、イタリアっぽい。

ニュースでフィレンツェの空撮が映っているのをみて大興奮。
(旧)我が家がうつらないかな~!と思ったけど、ちょっとハズレの我が家は
かすりもせず・・・

c0120157_1363013.jpg

↑私のデジカメの中の最新Duomoです。5月の初めごろでしょうか。
最近Duomoの正面のファサードが美しくなったと思うのは私だけ・・・?気のせいでしょうか。
裏側は相変わらず排気ガスなどなどで汚れちゃってますけど。。。

とまあ、今日はちょっと辛口でした。(普段に比べれば甘口という説も)
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-26 01:39 | 日々のこと

イタリアのラジオをきいてみる

未だもって、無職暇人であることは昨日書いたのですが
まあ、その理由(言い訳)としましては、イタリアの荷物の整理がまだできてないのです!!
先週の土曜日にやっと最後の荷物が無事に届き
日ごろの己の行いのよさに感謝しつつ、荷物を明けて
イタリアで買って来た本やDVDの収納場所がないことに
途方にくれています020.gif

そんな昼下がり、イタリアのラジオを聴きながら作業中です
昼下がりでもないか、もう夕方。
イタリアではラジオは持っていなかったのでもっぱらテレビ派だったんですが
実はラジオ聞きたいなぁ~と思ってたんだよね
今はネットでラジオが聴けるから良い時代ですなぁ

聴いてるのは↓これ
Radio Kiss Kiss Italia
バチカンのラジオとか興味ないし~、ということで局の名前がかわいいじゃん!
とおもって、それだけで選んでみました。
ナポリの放送局らしいけど、今のところイタリア語の曲も聞こえるし
DJのお調子者なかんじもなかなか良いです
さすがにラジオ今のところNapoliのDialetto(方言)はきこえてまいりません!よかった。
Gomorraという映画を観た時は、イタリア語しゃべってるのにイタリア語で字幕が出るほどの
方言満載で、タダでさえ私にとっては難しい映画だったのに、超大変でした。

当たり前のことだけど、イタリア語が聞けるのがうれしい。
Pubblicita'(広告・CM)でさえもうれしい。

これは、去年の6月16日に撮影した写真
c0120157_1754641.jpg

アルノ川でカヌーの練習をしてる少年達をぼーっとながめてるとなかなかリラックスなんですが
思わぬ日焼けをしてしまいます。ご注意!!
あと、カヌー程川面に近づくとくさいのでは・・・・?というひそかな疑問。
アルノ川のニオイかいだことある人、どんな香り(?!)か教えてください。
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-17 17:58 | 日本でitalian

1日1ジェラート生活 ~ジェラート屋の選び方~

既に日本に帰ってきて、リハビリ生活中(=無職でだらだらしてるとも言う)なワタクシ
ですが、イタリアで訪れたところや食べたものなどまだまだ載せていないものもヤマほど066.gif
あるわけなので、追々そんなものを載せていこうかと・・・

まずは、季節柄ジェラートから!!
まず、シーズンは4月、早くて3月後半より開始です。
何がかって?1日1ジェラートのシーズンです。
終りは、10月頃まで。サマータイムの開始と同時に1日1ジェラートを始めるわけだ。

フィレンツェでは、Centro(DuomoやUffizi美術館の周辺)では、超高いのでご注意!!
ちょっとはずれると1.5ユーロで一番小さいカップが食べられて、しかも盛りが多いです。
Centroでは、2ユーロからで10秒で食べ終わってしまいそうな小さいカップででてきます。
そして、自家製じゃない、工場生産品の、やたら甘くてクリーミーじゃなくて
着色料ばっかり入ったジェラート屋さんもあるのでご注意ください。

”artigianale”とか"Produzione propria"とどこかに書いてある店を選ぶ!
工場の大量生産品ではなく、手作りのもの、ということを示しています。
もちろん、イタリア人が沢山いる!所を選ぶのも重要ポイントです。
Centroではなかなか難しいけど、子供づれのファミリーがいたり
おじいさんとおばあさんがジェラートなめながら、おしゃべりしているところは
地元客率高し!です。

そんな、キビシイ審査を通ったジェラート屋があれば
中に入って、ガラスケースを見てみましょう。
中身が全く見えない、蓋付きのケースに入ってるのが管理上一番いいらしいです。
有名店GROMもこのタイプ。
でも、そんな店はそんなに沢山はなく、大抵のお店はずら~っと並んでいます。
注目してほしいのは、「Pistacchio」(ピスタチオ)の色。
個人的には、くすんだ鶯色のような、うすぐら~い緑色のものがウマイ証拠。
やたら鮮やかな緑は着色料が入っている可能性大!!
ま、個人的に味が一番大好き、ということもありますけど。
これを食べるとそのジェラート屋がおいしいか否か分かる、などという話しも聞いたことがあります。(真偽の程は確かではありませんけど)

あ、色といえば、Menta(ミント)は、どこの店も大抵毒々しい緑です。
もともと、日本でも「チョコミント」の類は好きではないのですが
イタリア人が結構好んで食べているこのMentaがどうにも理解できない。
一度も食べたことはありません。もしかしたら結構イケルのでしょうか。

そして、旅行ではなかなか難しいとは思いますが
ピンとくるジェラート屋を探す努力を怠らない!よさそうな店を見つけたら
「あとで・・・」とか言わず、すぐ試す。一期一会です。
こうしてジェラート屋は足でさがすのです。
って、そんなにジェラートに執念燃やさないよね、普通の人は。

ということで、そんな私がみつけた美味しいジェラート屋さんを少しずつ載せていくつもりですが
ひとつ、気づいたことが・・・
ジェラートを前にすると興奮気味になるためか、写真がほとんどありません!
ご了承くださいませ~


c0120157_22392569.jpg

これは、私が一番好きなジェラート屋さんのもの
撮った時が超暑い日だったので、既に溶け始めてますが・・・
どこのお店かは、そのうち(笑)紹介します
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-16 22:40 | gelato ジェラート

日本に帰ってきました~

ということで、またまたまたまたしばらく更新していませんでしたが
それは、帰国前で忙しかったから。ということです。

6月2日の共和国記念日にフィレンツェを出発し、3日の午後には成田に。
とうとう帰ってきてしまいました。
1年は長いようで短い、っていうか、超短かったです。

途中中だるみのような、なんともいえず飽きた時期もありましたが
最後のほうは、季節も良くなったのでいろいろなところに行ったり
もう帰ると思って焦ってみたりとばたばたでございました。

イタリアで旅行した中で載せていないことも沢山あるので
日本に帰ってしばらくはぷー太郎のことだし
忘れないうちにボチボチ載せていこうかと。
ま、あくまで気が向くままに・・・ですけど。

↓帰りの乗り継ぎのフランクフルトで食べたソーセージ!
もちろんビールものみました。
c0120157_23342776.jpg


空港の中にいただけだけど、そこはかとなく漂うドイツの
キチッと感に、感動してしまいました。
イタリアではどこでも感じられなかったもの。かんどう~
[PR]



by nakaji-yo | 2008-06-06 23:35 | イタリアで旅行

成金ゴンドラと貧乏人の渡し舟

変なタイトルですみません。
やっと友だちとの旅も終盤、最後のベネチアまでたどり着きました。042.gif
すでに旅からは1ヵ月半経過、その間にも色々なところにいったり
イタリアでの面白い発見が日々あって、ネタは尽きません。
って、そうこうしているうちに日本に帰る日が刻一刻と近づいてきてるんですけど(涙)

べネチアは今まで3回行ったことがありましたが、すべて冬で
さむ~いイメージがあったんですが、今回はお天気に恵まれてまた違ったベネチアを満喫
やっぱり海は夏、あったかい季節がいいよね。
冬の荒波しぶく日本海をみながら露天風呂もいいけれど
きれいな地中海かアドリア海を眺めながら
テラスの下でスプマンテの方が性にあってる069.gif

c0120157_142935.jpg

ベネチアで見た成金ゴンドラ。
貧乏人の私はゴンドラに乗ったことがないので値段を知らないけれど
相当高いらしいと聞いています。
たぶん30分くらい乗るだけでも相当高いのに、この日見た成金ゴンドラは
専属のカンタンテ(歌手)とアコーディオン弾きを同乗させ
さらには赤ワインを傾けながら乗っています。
心なしか、内装(カーペット?とか)もゴージャスな様子。
そこまで至れり尽くせりのゴンドラはなかなか他にないので、道行く観光客も皆注目です
そんな中、いかにも自慢げにワイングラスを傾けている男の嫌味な顔ったらない!!!
女の人はなかなか美人だった気がするので、きっとお金目当てだ~!!なんて
またまた妄想に花を咲かせたのはいうまでもなく(笑)


貧乏人の僻みかしら??でも、貧乏人には貧乏人なりの楽しみ方が。。。
前から試したいと思ってたんですが、ついに乗りました、“トラゲット”
これは、形はゴンドラとほぼ同じ、ただし運河を横切るだけ。正味1分ほど。
でも、50セントだかなんだかで(←正確なところは忘れました)ゴンドラ気分楽しめます
もともとは、橋がないところで運河を渡るためのものなので
地元のおばさんとかが、市場に行く時にのったりしてます。
決まった時刻表などはなくて、人が数人集まったら出発します。
立ったまま乗ったりするので、割と揺れたりしてスリルと爽快感満点で、おもわず2回も乗ってしまった・・・たのしかったー!!
オススメポイントは、リアルト橋の近くの乗り場。
すぐ近くに橋があるので渡し舟的価値は薄いんだけど
ゴンドラ(と、あえて呼ばせていただく)からリアルト橋が見える絶好のポイント
c0120157_145949.jpg

こんな感じで、立ったまま乗ったりして、2隻の渡し舟がすれ違います

c0120157_151797.jpg

大門サングラスがキラリとサマになってるゴンドリエーレ。俺に任せろって感じ!?

ベネチアに泊まった夜は、食事をしている間に少し雨がふったらしく
夜サンマルコ広場に出てみると、Passerelle(パッセレッレ)が設置されていました
Passerelleというのは、高潮で冠水する時に設置される一段高くなった歩道のことです。
c0120157_154824.jpg

一見団体写真用の踏み台のようなこの歩道、普段は広場の隅に積み上げてあります。
夜だったので、うまく写真をとれなかったのが残念。
でももちろん、上を歩いてみましたよ~。タダの台だけど。

ベネチアといえば、鳩!!
あまりの鳩フン被害に、役所が鳩エサを広場であげるのを禁止したけど
動物愛護団体がそれに反対して、エサをばら撒いたとかなんとかいう記事が載ってました
(あんまり真剣に読まなかったので定かではない情報ですが)
愛護もいいけど、あの鳩は確かに何とかしたほうがいいよね~
ナゾはあれだけの鳩は夜どこで寝ているのかっていうこと。
私はひそかに、ベネチアの役所が飼ってるのでは・・?!と踏んでいたのだけど
どうやらそうじゃなかったらしい。そりゃそーだ、そんなお金どこにある。

c0120157_161715.jpg

これは、ベネチアで買ったビーズ。
私の隠れた趣味、ビーズアクセ作りのために、買いました。
買っただけでまだ作ってませんけど(^_^;)
[PR]



by nakaji-yo | 2008-05-21 01:16 | イタリアで旅行

世界チャンピオンのジェラート inボローニャ

ボローニャの続き・・・
買い物だけではなく、もちろん観光も。
面白かったのは、ボローニャ大学(旧なのかしら?)の解剖室。
皮膚のない人体像があることで有名ですね。
ちょうど私たちが行った時にいたグループツアーの解説を盗み聞きしたところ
この彫像は、美容外科医のものだから、手に鼻をもっているとか。

c0120157_20112945.jpg

c0120157_20114939.jpg

でも、英語だったので定かではありません。あしからず。
天井には、星座の絵が書かれているので、自分のさそり座を探したのですが
みつからず、係りのおじさんにきいたところ
「そうさなぁ~、俺もしらねぇなぁ~。あれがふたご座だって事は分かるよ」
という、全く持って頼りにならないお返事。ありがとう、おじさん。

あとは、もちろん塔にも登りましたよ~。傾きが少ないほうね。
アシネッリの塔。下から見る限りそんなに高くなかったので
なめてかかってんたんですが、さすが498段、結構ハードでした。
c0120157_20122353.jpg

なぜ498段という中途半端な数か??という理由を友だちと想像(妄想とも言う)しながら、大声で話しつつ登っていたんですが、途中で後ろから来ている2人組みが
日本人だということに気づき、結構恥ずかしかったです。
外国にいると、周りの人は分からないだろうと思って
言いたい放題日本語でコメントする癖がついてしまって、いかんですな~ 
日本に帰ったら気をつけねばなりません。

さて、ボローニャではジェラートコンクールの特別賞を取った店が
あるらしいので、当然行って来ました。
その賞がどれだけすごいのか分かりませんが、地元っ子の集まりっぷりをみて
間違いない、と思わず大興奮です。
ジェラート屋は、既製品を使っていないことはもちろん、地元の人に人気があるのは重要なバロメーターでしょう。
c0120157_201318.jpg

La Sorbetteria Castiglione/Via castiglione 44
観光地からは、少しだけ離れていますけど、わざわざ行く価値ありです。
クリーム系がこの店の特徴なのでしょうか、オリジナルの味が沢山あって選ぶのに困る程。

ボローニャに泊まった翌朝は、マラソン大会があって朝からホテルの前の道を沢山の人が走ってましたよ~。
c0120157_20132422.jpg

[PR]



by nakaji-yo | 2008-05-08 20:14 | イタリアで旅行

買い物天国ボローニャ

いや~、すっかり夏。昼間は半袖で歩いてちょうど良い季節になりました。
と思ったのもつかの間、今日は雨がぱらついて曇り空です
日本のGWのようにはいきませんが、5月1日が祝日だったこともあり
普段ない市場が立ったり、色んなイベントがあったりして楽しい。
楽しくていい季節が始まったというのに、私はそろそろ日本へ帰る準備を・・・
はぁ・・・007.gif

さて、友だちとの旅行の続き。(←なかなか更新しないので、いつまでも引きずってすいません)
フィレンツェの後は、ボローニャとヴェネチアに。
ボローニャは、周りの日本人からも買い物天国だと聞いていたし
イタリア人からも、フィレンツェの人は靴を買いにボローニャに行くと聞いていたので
私は俄然やる気で乗り込みました~

c0120157_2221819.jpg

これは、ホテルの近くにあったBar&Pasticceria
なかなか、お洒落でイタリアにしては珍しく繊細なケーキが!
いつ通っても混んでいて大盛況でした。

駅からCentroに向かっていく道の左側大きな公園に大きな市場がでていて
観光そっちのけで(笑)みてしまいました
後でガイドブックで調べたところによると、金曜と土曜に市場が立つらしい。
そこで、1.5ユーロで靴を売っているお店が!!
なんせ、1.5ユーロなので、左右両方がバラバラになって山積みです。
その中から探し出す根性がないやつは買うなってことだね。

c0120157_223143.jpg

根性をしっかり見せて、しっかり買った友達と隣で必至で試し履きするお姉さんの
なんともいえない表情。

私はいい加減汚くて、イタリアから帰るときには必ず捨てようと思っていた
スニーカーをやっと買い、旧スニーカーはボローニャのホテルに置き去りに。

イタリアで市場って言うと、必ずポルケッタ(豚の丸焼き!?)の屋台とか
パニーニを売る屋台が絶対あるので、鼻で探したのだが最初見つからず
やっと、1軒見つけてお昼にありついた、この日のお昼はハンバーガー
ハンバーガーといっても、日本のように可愛いらいしのではなく
ガッツリ“肉~!!”って言う感じで、それを野菜と一緒にパンにはさんでいただきます。
よっぽどひもじい顔をしていたのか、他の人よりお肉が多かったような・・・!?
c0120157_224018.jpg



ボローニャは買い物天国っていうか、フィレンツェにはないお店があるのだ。
H&MとかMANGOとか、海外に行くと必ず服を買うようなお店がズラリと。
早起きして、安い電車に乗ってまた買いものに行こう~♪
[PR]



by nakaji-yo | 2008-05-05 22:07 | イタリアで旅行

シエナで突然の雨と藤田まことに出会う

もはやほぼ習慣となってしまったのだけど
フィレンツェからどこかへ遠出する時、もちろん家でいつものように
イタリア式朝ご飯(ビスケットとカフェラテ)を食べてからでかけるのだけど
フィレンツェの駅か、到着地で必ずといっていいほど2度目の朝ご飯をしてしまう。
シエナを訪れた時は、トイレ休憩も兼ねて、老舗のNanniniでコルネットとカフェを。
c0120157_20342616.jpg


シエナは、通過することはあったものの前に旅行で来た時にきたぶりだったのだけど
やっぱり良い街よね~

シエナといえば、カンポ広場へ。
天気が良かったので、しばらく広場でゴロゴロ。
c0120157_20403969.jpg


マンジャの塔から。前に来た時も同じアングルで写真を撮っていた事に後で気づく。
前に来た時は、一番てっぺんの鐘のところまで上れたと思うんだけど
今はかぎがしてあって、登れなくなってました。
街の中で、工事中のクレーンがキリン模様だったので思わずパチリ。
c0120157_20413394.jpg


そして、Romaに続きSienaでもおかしな顔を発見。
c0120157_20422229.jpg

この舌を押すと、お水がゲロゲロ~とでてくる水飲み場。
いくら昔のものだっていったって、この辺の美的センス、イマイチ理解できまへん。

SienaのDuomoって初めて入ったんだけどすごい広くて、大理石の床がすごい立派。
貴重だから普段はカバーがかけられている、とガイドブックに書いてあったけれど
最初、カバーがかかってるところが多すぎて、どこがカバーなのかよく分からんかったし。
そして、ここで、藤田まこと似のイタリア人に出会ったのだ。(どうでもいいって?)
↓ほら、似てるっしょ?Duomoの中だから暗くて見えにくいのが惜しい。
c0120157_20445412.jpg

イタリア人小学生の遠足に解説をしているおじさんで
先生なのかシエナの役所の人かなんかなのかは不明だけど
骨格が似てると声も似てるのね~。藤田まことの口からイタリア語とイタリアの歴史が
語られる様は見ていてとっても不思議。思わず聞き入ってしまった。
小学生達も、積極的に質問したりしてなかなかよろしい。

さて、シエナでのお昼ご飯はこちら↓

「Il Carroccio」Via Casato di Sotto32 TEL0577-4-11-65にて
c0120157_2047699.jpg

シエナ名物のPici(おうどんみたいなパスタ)
c0120157_20474848.jpg

ターキーのアーティチョークソース
c0120157_20483956.jpg

色んなキャベツとアンチョビの付け合せ

この付け合せが大正解で、トスカーナの黒キャベツやらカリフラワーやら普通のキャベツやらを沢山とちょっとアンチョビの塩分をオリーブオイルでじっくり炒めて甘みを十分に出した、という感じ。材料とかは定かではないけど、そんな感じだと思うよ。
隣のテーブルの人たちが食べていた、中世風の前菜盛り合わせもかなり旨そうでした。

それから住所とお店の名前は不明なのですが
カンポ広場から伸びているVia del Porrioneか Via di Salicottoに
オリーブオイルのショップがあり
オリーブオイルとオリーブの木でできたお皿や、オリーブオイルの石鹸などを扱ってます。
オリーブオイルの味見もできて、お店のおばさんも感じのよい人でしたよ。
こちらでTerre di Siena(D.O.P)のオリーブオイルを購入。美味しかったです。

今夜は、コムナーレ劇場で行われるオペラ「カルメン」を見に行ってきます。
5月1日もイタリアではメーデーです。
またもや連休みたいなものなので、街には人が溢れ返るのでしょうか。
今日は曇空だけど、イタリアの当たらない天気予報によると明日は熱くなるらしい。
日本のゴールデンウィークは、良い天気でしょうか。
[PR]



by nakaji-yo | 2008-04-30 20:56 | イタリアで旅行

イタリア・フィレンツェでの留学お気楽暮らしを、イタリア各地の旅行記や日々の生活まで、幅広くお届けします。食べ物の写真満載でお届け予定!
by nakaji-yo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お友だちのブログ・HP

★カナダに留学中★
Canadaラブログ
★素敵なアクセサリー★
Cibitan

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧